成松功一 「社会と自分への架け橋」私はその舞台にゆう調剤薬局を選びました。
薬剤師としてのスキルアップ、それは調剤薬局事業としては当たり前のこと。その中で同じように、いやそれ以上かもしれません。考え、悩み、励まし、励まされ「人の大切さ」という大きなのものを学ばさせて頂きました。私とゆう調剤薬局の出会いは学生時代。まだメディカルタウン構想時でしたが、その時の染矢社長の「人・社会へ対する想い」の姿勢は現在も寸分の相違もなく驚かされます。患者様にだけ笑顔で接するするのではなく、どんなに小さな業者の方々でも私達に関わる全ての皆様に同様の対応を行わなければならない。皆様に活かされている事を忘れてはならない。「感謝」私の大好きな言葉です。そして、みんなの想いがカタチとなるゆう調剤薬局は私の誇りです。私は「未来に誇れる今」をこの舞台で懸命に培っていきたいと思い続けています。